読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1人でもふもふ

ゲーム・映画・音楽・アニメ・漫画・本等、感じたこと思ったことを書いています

Halo:Reachファーストインプレ

 9月15日、Halo:Raech日本版発売。
 ここ2日でフレ2人でキャンペーンCoopをクリアしました。以下感想を。 
 一応自分はHalo1,Halo3,ODSTとキャンペーンクリアまで遊んでいます。

 Haloと言えば、多彩な武器と乗り物で敵コブナン軍を倒していく、銃の無双みたいなドンパチFPSだと思っているんですが、前作ODSTがそれまでのシリーズより少し毛色が違う作品で、Haloの顔であるマスターチーフが主人公では無いのもあってか大人しいHaloになっていたのが若干不満でした。
 なので発売前も「今回もマスターチーフが出てこないけど大丈夫なんだろうか?」と若干の不安はあったんですが、少しプレーしてそんな不安は吹き飛びましたね。


 以下良かった点
・兎に角ド派手。多彩な武器と乗り物でガシガシ突き進むHaloが戻ってきた。勿論難易度調整で歯応えを感じる様にステージ毎に微調整可能。
・グラフィックエンジン一新でリアルになったグラフィック。前作までののっぺりしたテクスチャーじゃなく立体感あるCG。
・新ステージ宇宙面がしっかり作り込まれているのに感心。こういう別ジャンルが入り込むステージって適当に作られてる場合が多いから流石Haloシリーズだなあと。


 逆にこれまでのHaloでも感じていた、ストーリーの難解さは1より前の話という事もあってかなり分かりやすい感じでした。人間模様も描き込んであるし。ただSF作品だからなのか、専門用語が多過ぎなんですよね。これは好き嫌い分かれる部分かもしれません。
 1に繋がるストーリーという事で悲壮感を感じるエンディングでしたが、未来への希望も感じさせる話になっていて良かったです。


 まだファイアファイトやマルチ対戦は遊んでいないのでこれから楽しみ。今まで同様、やり込める要素が相当あるので長く付き合える作品になりそうです。

評価:9/10

Halo: Reach(通常版)
Halo: Reach(通常版)
posted with amazlet at 10.09.18
マイクロソフト (2010-09-15)
売り上げランキング: 31