読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1人でもふもふ

ゲーム・映画・音楽・アニメ・漫画・本等、感じたこと思ったことを書いています

初音ミク・ソロコンサート:感想

ニューヨークに初音ミクさん降臨
初音ミクと見せかけの魔法
ボカロ文化を世界へ

上の記事読んで、自分の中で意識的に距離置いてた初音ミクに対する興味が俄然盛り上がってしまい、買ってしまいました。初音ミク/Blu-ray 「ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート〜こんばんは、初音ミクです。〜」

20代にシンセ買って少し触ってた事があるし、エレクトロミュージックが好きなので初音ミクの曲はかなりストライク。
でもファンかと言われると違うなーと自分で感じつつ。ニコ動でのボカロ作品は有名どころ押さえてたんですが。

で、通しで観ました。
最初観た時は鳥肌立った。アクリル板に3D映像の初音ミクを投影して演奏は人間が行う形式だけど、本当にそこにミクが居るようで。
聞くとこによるとセガがゲーム制作のために簡単にモーションキャプチャできるように1億以上かけて導入した機器使ったらしいね。
セガって昔から儲けの為にやってるけどあざとさ感じないから好き。ゲームに情熱掛けて作ってるのがユーザーに伝わってくるからだろう。元々ゲーム機絡みでヤマハとセガの関係があったから初音ミクと繋がったのかも。


コンサートはこういう構成で行こうと決めて、レールの上で進行したものだったんだろうけど、ファンはそれを知りつつ臨場感楽しんでその場にミクを感じたんだろうな、と思わせるに充分な盛り上がりぶり。自分もその場に居合わせたかった。


何ていうか、これ音楽の歴史的変革期なんじゃないか?と思わせるに充分なコンサート映像だった。
カラオケランキングでもボーカロイド曲が上位を占めているみたいだし日本このまま逝くなw

そして若者のJPOP離れ、日本ガラパゴス化ですか。