読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1人でもふもふ

ゲーム・映画・音楽・アニメ・漫画・本等、感じたこと思ったことを書いています

咲:感想

 アニメ版1〜25話(完結)まで観たので感想。
 単行本も最新刊まで読んでます。
 知らない人に説明すると美少女が麻雀して負けると脱衣していくというストーリー。な訳ない。
 高校の部活で麻雀の全国大会を目指す女子校生の物語。
 元々麻雀が好きなので、麻雀漫画はかなり読んでいるんだけど、この作品は異色。
 萌え+麻雀ってどんな食い合わせだよ、と。
 でもま、最近ゲーセンでも無料ネトゲでも麻雀は流行ってるし、これターゲットとしちゃ上手いトコ突いてるなあ、と考え直す。

 麻雀のテクニック的な部分はわりと無視して超能力的テクが炸裂する漫画だけど、まあ女の子が可愛いから良いか、と許してしまう魅力がある。ゲームでいうとスーチーパイ的な。
 アニメ版はもう何ていうか百合を前面に押し出したアニメにでちょっとなーだった。原作はそこまで過剰な演出じゃなかったから、こんな痛い作品だったっけなーと思いながら観てた。
 何かもう男キャラの存在さえウザがられる時代になっちゃったのかね、と少し悲しくなる。
 タコス女の存在は救われる。あのキャラが居ると居ないじゃ大違いでマスコット的キャラクター。唯一男キャラの京太郎との掛け合いは面白い。wikiで見たけど声が釘宮理恵なのね(声優詳しくない


 20話から25話は原作に無い地区大会個人戦のオリジナルストーリーで楽しめた。
 原作はまだ続いているので、これからも単行本はチェックだ。

咲-Saki- Portable(通常版)
咲-Saki- Portable(通常版)
posted with amazlet at 10.11.16
アルケミスト (2010-03-25)
売り上げランキング: 993