読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1人でもふもふ

ゲーム・映画・音楽・アニメ・漫画・本等、感じたこと思ったことを書いています

キングダム:感想

参考記事:キングダム wiki


週刊ヤングジャンプで連載しているこの漫画。
ヤンジャンは毎週読んでいるんだけど、この作品はスルーしてた。
何故かというと絵があまりに独特だから。
それと中国の春秋戦国時代の話で、別に中国の史実に興味が無かった自分としては全く触手が伸びなかった。
が、とあるサイトでこの作品が凄いと聞いたので、例のごとくレンタルで借りてきた。
今の所8巻まで読んだので、その感想。


ストーリーの内容は、中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を描いている。
信は下僕(奴隷)の状態からスタート。
謀反を起こされた秦王・政にいきなりタメ口で接するのが凄い。
反乱鎮圧する為山の民族と何とか手を組むのだが、山の民族の描かれ方が異色で、およそ文明を持った同じ人間とは思えないような描かれ方。
かなりの残虐表現があるし、戦場の描かれ方が独特だなと。
大軍対大軍の戦いを盤上の駒の様に上手く表現していると感じた。
戦争なので残酷な描写がかなりあるのもリアル。
実際の一兵卒の視点はこんな感じなんだろうな。


信は最初からかなり強い男なのだが、それ以上の強敵にも無鉄砲に突っ込んでいき散々傷つきながらも何とか勝利する直情型タイプ。
その姿に多くの男が惹き付けられて行く過程が肝かな。


単行本は20巻まで出ているそうなので、これからも引き続き読んでいこうかと。
ちなみに作者はこれがメジャーデビュー作らしいけど、既にベテランのような貫禄を持った画力と物語展開。
今後も楽しみな作品。