読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1人でもふもふ

ゲーム・映画・音楽・アニメ・漫画・本等、感じたこと思ったことを書いています

ぐわんげ:感想


参考記事1:ケイブのXbox LIVE アーケード化アンケート 1位はぐわんげ
参考記事2:ぐわんげ wiki
アーケード版の発売は1999年だから11年前のゲーム。
当時はかなりやり込んだ。
奇々怪々のような純和風STG作品として当時から異彩を放っていた。
販売がアトラスという事で、妖怪→魔物→女神転生、なのかなあとぼんやり思いを巡らせながら遊んだ記憶が。
XBLAアーケード化アンケート1位になった時は「当然」という思いと「おっしゃあ!」という喜び両方だったな。
絶対DLすると思ってたんだけど、ちょうど怒首領蜂大復活と発売日が近かったのですぐ買うのを辞めていた。が、最近買ったので感想。


とりあえずゲーム内容説明。
1.弾幕STGにカテゴライズされると思う。
2.強制スクロールが縦横に広がり、地形効果がある。
3.自機は残機制ではなくライフ制。
4.自機のオプション「式神」が敵の弾と接触すると弾がスピードダウンする。また「式神」が敵と接触すると通常弾より強い爆風が起きる。
4について「式神」の存在がこのゲームと他のSTGとの違いになっていて、自機とは別に「式神」を操作しなくてはいけなくなってくる。
「式神」を上手く扱える様になってくるとゲームの難易度もかなり下がり、楽しくなってくる。

まあそんな理由なんだろうけど、アレンジモードではコントローラー右スティックで式神を動かせるようになっている。これが思った以上に楽しかった。
式神を自由に操作しながらお金を回収するのがかなり簡単に出来るので、お金のコンボ数が劇的に増加していくのが気持いい。


XBOX360モードでHDリメイク化されているが、11年前のゲームなのでそれ程難易度は高く無い。
自分がこのゲームをやり込んだ理由の1つが、当時でも結構簡単で最後の面まで頑張れば行ける難易度だったから。なのでSTGは好きだけど最近のは難しくて、と思っている人に是非プレーして貰いたいゲームだ。