読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1人でもふもふ

ゲーム・映画・音楽・アニメ・漫画・本等、感じたこと思ったことを書いています

ゲド戦記:感想


この前TVで放送していたのを観ての感想。簡単に。
評判が悪い作品なので、元々期待して観なかった。ただ『コクリコ坂から』は映画観で観るとジブリ好きな嫁に言われたので、同監督の初作品を観て実際どんな感じなんだと思い観ることに。
観終わった最初の印象は思ってた程悪くないじゃないか、と。そりゃ歴代の宮崎駿監督作品から比べたら数段落ちるけど、ジブリの他の監督作品に比べたら…1段か2段位落ちる位…かな。


なんか登場人物の台詞がいちいち説教臭いんだよね。宮崎吾朗監督が言いたい事をストレートにひねりもなく言わせてる感じ。
あとは話の繋がりが唐突で観客置き去りなところも『?』だったな。
逆におっ、と思った事は、街並みの美しさ。水彩画で描いたようなタッチなのに細かく描写されているのが今までのジブリに無い手法と感じた。


原作が素晴らしいファンタジー作品らしいのが大きいけど、ストーリー全体としては緩急付けられていて過剰な期待をしてない分、まあ面白かったです。
でもまた最初から観たいか?と言われるともういいかな、と思ったのも事実。
アニメ監督をいきなり初でやらせる事自体無理があったなあと感じた作品。

参照URL:ゲド戦記(映画) wiki