読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1人でもふもふ

ゲーム・映画・音楽・アニメ・漫画・本等、感じたこと思ったことを書いています

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン:ハリウッド映画に色々求めるな


 1作目は映画館で観て、スゲーイッちゃってるぜー、っていうか目が痛いぜー、と思ったものです。
 2作目はレンタルで借りて観たので、普通に凄いけどマンネリだぜー、と思ったものです。(ちなみに過去にブログで書いてたりします)


で、トランスフォーマー3作目。完結編らしい。

全然話それるけど、この前ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 観て涙した。ストーリーが泣けるよねー流石藤子不二雄。でもこの作品のロボットが支配している惑星と、トランスフォーマーのサイバトロン星とネタ元同じなんじゃ…と衝撃的事実を発見してしまったが他人の空似だろうか。まあ終わり方が全然ドラえもんの方が感動的かつ衝撃的だったのが…おっとこれトランスフォーマーの感想だったw


 冒頭、アポロ宇宙計画の疑惑とリンクした話になっているのが面白いアイデア。
 あとは主人公とヒロインの恋愛模様や主人公の親とのドタバタっぷりがB級作品っぽさと醸し出している。正直人間関係は蛇足っぽさが付きまとう内容だった。
 主人公に付きまとっている小型ロボット2体が魔法少女的マスコットかよと。まあそんな可愛いもんじゃないんだけど。かといってQBみたいな「こいつですお巡りさん」的な黒幕じゃないのはガッカリ。そこまでハリウッド映画に求めてはいけない。
 戦闘シーンで一番印象に残ったのは、新ロボのショックウェーブがビルをメチャクチャに壊しながら人間達に襲いかかるシーン。ここは圧巻だった。
 が、正直ここ以外のシーンはあまり頭に残っていない。


 観てた時は興奮出来るけど観終わった後は「えーとどういう話だったっけな…」となるのは相変わらずだった。いや自分が鳥頭なだけかも知れないが。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 3Dスーパーセット [Blu-ray]

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 3Dスーパーセット [Blu-ray]